Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Recommend
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋 (JUGEMレビュー »)

 堤真一の「地下鉄(メトロ)に乗って」もいいけど、やっぱりトニー・レオンの憎めないトホホ男ぶりはサイコーなのよね!
投信・証券


New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
ヴィクの「ハード・タイム」は、半ば女囚ものなのだ。
ハード・タイム
 やっと文庫版「ハード・タイム」を読破した。
 V.I.ウォーショースキーシリーズ最新刊。ハードカバーで随分前に3分の1ほど立ち読みしたけど、文庫になるまで我慢してたのだ。あれ、でも「ビター・メモリー」は我慢できずハードカバーで買ったんだっけ。そして9.11後のヴィクを描くという最新刊「BlackList」は、いつ読めるんだろう…?

 今回は後半が「女囚」ものです。
 何だか子どもの頃にね、「女囚さそり」とか、怖いお姉さん(梶芽衣子)がきついアイメイクで闇の中でこっちにらんでる妖しいポスターを観た記憶があるね。その後は2時間ドラマで、梶芽衣子が無表情な奥様役で登場するたび(でも、女囚だし)と怖がってました。
 あとハリウッドB級、C級映画にありがちな「刑務所で男女ともにいたぶられる美しき女囚」とか、看守長との女同士の死闘とか。あーたたちそんなに監禁緊縛虐待にワクワクしますか? いちばん印象に残ってるのはコミックシリーズ「花のあすか組!」で、わざとあすかや親友のミコが蘭塾に入塾しサバイバルゲームに挑むくだり(あれ? 蘭塾って結局何だったっけか? 私営少年院? 矯正施設?)。ミッドナイト・エクスプレス
 そして女じゃないけど、あのトニー・レオン扮する正義漢の新聞記者が、悪徳汚職刑事に無実の罪に陥れられて入獄させられ婚約者をレイプされる悲惨悲壮無理無体な香港映画「ミッドナイト・エクスプレス/黒獄断腸歌之砌生猪肉(Chinese Midnight Express)」(8月27日に日本版DVD発売予定)。
 そんなのを連想しながら、読んでしまいました。ごめん、ヴィク。

 でもヴィクは強い。知恵と勇気だけが頼りで非力、母親の無念の死の知らせに錯乱し衝動的に自殺を図ってしまう役のトニーよりはずっと強い。あすかと同じぐらい、ムショ内の醜い人間関係にも毅然として対する。そのヴィクさえ、拘束され自由意志を奪われセクハラを浴びせられ続ける過酷な環境に(長くは耐えられない)と内心脅える。生と死の境をさまよいながらやっとムショから解放され…まあ、懲役5年だったりしたら、白髪のヴィクしか拝めなくなっちゃうもんな〜。あとはとんとん拍子に逆襲! 勧善懲悪の満足感、あります。

 今回のヴィクのハードな試練の発端を作ったのは、口をきいた事すらないフィリピン系メイド・ニコラの死。貧困の中、2人の子どもと母を養いたいだけだったこのニコラの末路が、哀れであわれで。
 そして有名人の御曹司ながら、体面しか考えない自己中の両親と姉妹にいじめられている肥満児。この子が勝手にヴィクの元に駆け込んでくるから、誘拐容疑でヴィクが捕まっちゃうわけなのに、よくこんな子の面倒見るよなあ、ヴィクもミスタ・コントレーラスも。

 いつも憎まれ口を叩き合いながら、結局ヴィクに貴重な情報を与えてくれていたマリ・ライアスンが、転職のためすっかり様変わり。いやまあ、昔から長い物には巻かれろ的な男で何かとヴィクを非難してきたけど、かな〜りがっかり…。大詰めでも「この女は目立ちたいだけなんだ」みたいな負け惜しみを言う。まったくどうしようもねえなあ。

 アレクサンドラ・フィッシャーは、整形手術を受け改名して劣等感を克服し、男に媚び華やかなメディアの世界に身を投じた。彼女はヴィクのロースクール時代の同級生で、いかにも典型的「権力を手に入れた嫌な女」かな。彼女の本名をわざと呼び続けるヴィクも、大した皮肉屋だ。ヴィクは彼女の最も屈辱的な、隠しておきたいであろうシーンを目撃し、ビデオテープを入手してしまう。そそ、そこまで…最終的にはテープ原本を切り札に恐喝ですか? とも思ったけど、ヴィクはそんな2時間ドラマの被害者みたいな浅ましいことしないよね?

 それにしても(こんなに働いても相変わらず貧乏で金銭的余裕はナシ、こんなことで自分の人生どうなる)と40代半ばのヴィクがいらつき落ち込む様子、年上の先輩への共感を通り越して、泣けてきたよ…。
 ていうか、ハヤカワさーん、文庫本が1冊1000円以上するっていうのはどうよ? 分厚いの長いのは苦にならないけど、値段が値段が(号泣)。
 読んだことのない作家の作品も読もうかと手を出しては、値段を見て手を引っ込めてます。トホホ…。
続きを読む >>
posted by: nancix | この本を読んだ | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
買い逃した「シネマ突貫娘」発見!
シネマ突貫娘―映画ほど素敵な商売はないやっと見つけましたよ〜一時は入手不可能とあきらめていた、「シネマ突貫娘―映画ほど素敵な商売はない」。
 80年代香港ニューシネマを日本に紹介する映画祭を決行し王家衛の「欲望の翼」「恋する惑星」「天使の涙」を配給し「ブエノスアイレス」のアソシエート・プロデューサーにもなった、篠原弘子女史の著作です。

 これが出版された98年頃、nancixの中ではもっとも(もう今後の香港映画はダメダメかも…)と葛藤が激しかった時期。悩みも迷いも多く、ていうか抑うつ状態で、人間関係も再構築中で、しばらく日本の書籍にも雑誌にも触れないで、精神的浮上を待っていたのでした。

 んで、いざほしいと思ったら、ジュンク堂書店の検索でも「出版社品切れ・重版未定」と出る。
 イーエスブックスでも見つからない。半ばあきらめ気分でした。

 忘れてましたよ、天下のAmazon.co.jpを!
 検索かけたら、あっけなく見つかっただけでなく、格安のユーズド商品=個人所有の中古本まで見つかった。
 すぐに注文したら、持ち主から丁重な謝礼メールも届いて、昨日黒猫さんのメール便で届きました。早い。
続きを読む >>
posted by: nancix | この本を読んだ | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
サラ・ウォーターズ3冊読破
半身
半身
サラ・ウォーターズ Sarah Waters 中村 有希
 そんなわけで、出張中の友は文庫本。今まで「1000円前後するしー」と避けてきたサラ・ウォーターズの「半身」、「荊(いばら)の城」上下を読破しました。「半身」は『このミステリーがすごい』1位、週刊文春1位だったそうで。

 すいません、読み始めはずっと、サラ・ウォーターズではなくミネット・ウォルターズの新作だと思い込んでいたnancix。だって、男の身体や剥き出しの性欲に対する嫌悪感、女同士の密やかな交情、利口で聡明な女が「女ごときに」と舐めてかかった男を出し抜くプロット…と、かなーり共通点があるものだから。「氷の家」「女彫刻家」「鉄の枷」「囁く谺」とかと。
 ただしミネット・ウォルターズが謎にからめてぼかして描く部分を、サラはあからさまに描く。そりゃもう、読んでるこっちが赤面するほど。
 でもってこの作家、貴婦人と身分違いの女(霊媒や侍女)とのカップリングにこだわりまくりです。いやはや。
続きを読む >>
posted by: nancix | この本を読んだ | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
御宿かわせみ・最新刊
佐助の牡丹 御宿かわせみ28
佐助の牡丹 御宿かわせみ28
平岩 弓枝
 nancixと老父は、競うようにこの「御宿かわせみ」シリーズを文庫で読んでますんですよ。今回の最新刊「佐助の牡丹」はnancixが通勤時間を利用して先に読破、3分の2しか読んでないという老眼の老父をリードいたしました!

 思えば家族4人が揃っていた頃に、お茶の間に寝っころがってNHKドラマで小野寺昭&真野響子(真野あずさの実姉)コンビの"東吾&るい"の世界を楽しんだものです。その後の「るいさん」は古手川祐子、沢口靖子、現在の高島礼子と代替わり。東吾さんも橋爪淳、村上弘明、中村橋之助と替わりました。

 でもやっぱり、るいさんはしっとり匂やかな真野響子さん、闊達で男前で凛々しいけど、弟タイプでやんちゃでちょっと危なっかしい東吾さんは「太陽にほえろ!」で"殿下"なんて呼ばれてた小野寺さんがベーシックイメージなんだよなあ。朝日放送版の沢口靖子も悪くなかったしオープニングがキレイだったけど、沢口靖子だと華やかすぎて…。

 ただ、同心で東吾の親友の畝源三郎は、あの当時の山口崇だと男前すぎ。岡本信人のイメージだったんだけど…。
 美男子の東吾の兄、通之進サマは田村高廣だと老けすぎ。草刈正雄じゃバタ臭いし…村上弘明の兄ならまだしも、醤油顔の橋之助とは似ても似つかない(涙)

 おしゃべりでお節介でそそっかしい、女中頭のお吉は藤田弓子さんがぴったりでした。今の鷲尾真知子さんも大健闘だけど…、もうちょっとふくよかな方がいいかなぁ。
続きを読む >>
posted by: nancix | この本を読んだ | 01:00 | comments(1) | trackbacks(1) |
身重でサイコパスと対決?!「囚人分析医」
囚人分析医
囚人分析医
アン・ソールター 矢沢 聖子
 「検死官ケイ・スカーペッタ」シリーズが続けすぎの弊害ですっかり色あせてしまった昨今、ハヤカワ・ミステリ文庫で新たなプロフェッショナル・ウーマンが登場した。
 児童虐待や性犯罪専門の司法心理学者、マイケル・ストーンだ。…いや、マイケル・ダグラスでもシャロン・ストーンでもなくて。
 大学病院の精神科勤務の傍ら、独立したセラピストとして治療にもあたる。離婚歴があり、最初の子どもは乳幼児突然死症候群(SIDS)で1歳にもならずに失った、という設定。30代後半か?

 いまは警察署長と同棲し、なんと妊娠8ヶ月の身重で犯罪者矯正施設にグループ治療のため赴くことに。性犯罪者やサイコパスを相手に、大きなおなかで息を切らしながら、むくんだ足で飛び回り、どーすんだよぉ〜とハラハラさせられる。
 もちろん自宅前で襲われるし、クライマックスには矯正施設所長の自宅で、高所恐怖症の夫人と持病持ちの娘をかばいながら立てこもり、銃の名手の男を出し抜かなければならない羽目に…いやぁ米国人、身重でも容赦ないです。安定期とはいえ、読んでるこっちの方がおなか痛くなりそう。
続きを読む >>
posted by: nancix | この本を読んだ | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |