Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Recommend
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋 (JUGEMレビュー »)

 堤真一の「地下鉄(メトロ)に乗って」もいいけど、やっぱりトニー・レオンの憎めないトホホ男ぶりはサイコーなのよね!
投信・証券


New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
テレビで見た「放浪記」
asahi.com:芸歴70年、昭和伝える 森光子と「放浪記」


 そんなわけで、昨夜は「真酒」お湯割りと「おつまみ納豆」とを相棒に、NHK総合のNHKスペシャル 「森光子・“放浪記”大いなる旅路」と、続くNHK教育の舞台中継「放浪記」を見てしまったのだった。
 ええと、ドキュメンタリーでは森光子さんの後に付き従って芸術座内を歩くヒガシ君の姿を2度ほど見たのだけど、彼はいま、森さんの付き人状態なんですか? 単にその日、特別に大先輩のお祝いに駆けつけただけ?
 舞台劇の「放浪記」は、まだ見たことがなかった。「君の名は」の菊田一夫が脚本、というだけで、お涙ちょうだいのコテコテ芝居だろうと決めつけていた。原作者でヒロインの林芙美子にも、あまりいい印象を持っていなかった。
 ええと、でもこの林芙美子が、トニー・レオンも見たという映画「浮雲」の原作者なんですよね。食わず嫌いを止めて、小説も読んでみよう。

 以前の悪感情をすっぱり捨てて、お芝居を見てみたら、意外にも感情移入しまくりだった。いや、泣かないけど。
 カフェーでお調子者ぶりを披露するのに、あからさまに、美人女給と差別され容貌に関する暴言を吐かれるシーン。
 尽くしてる同棲相手に「病身の自分をネタにし、カモにしているだけ」と罵られ、耐えるシーン。
 よき伴侶にしてパトロンに恵まれ、映画鑑賞にお食事にと浮かれる女性ライバルに比べ、自分は同棲相手に踏みつけられ蔑視されてばかり…だから、ライバルの原稿を出版社に届けるのを躊躇するシーン。
 木賃宿で深夜、必死に原稿を書く、何かに取り憑かれたような姿。庶民の同宿仲間に文章を朗読してもらってほめられ、「そんな優しい言葉を、私は今までかけてもらったことがないんです」と泣き出すシーン。
 助け合って来たはずの女給仲間との、善意のすれ違い。
 うれし楽しいはずの出版記念パーティーで、今までの恩讐が総決算される"キービシー!"シーン。
 脚本家の菊田一夫本人が、脇役で出てくるのにはちょっと笑えた。しかも、晩年の芙美子邸を訪ねてくる菊田役は、あの斉藤晴彦さん! 久しぶりに見るよー。
 芙美子の"初恋の人"を演じていたのは、最近リメイクで話題の"赤い疑惑"など赤いシリーズで、山口百恵&三浦友和とセットのように登場していた中島久之さんだし。そうか、お芝居の世界で活躍されておられるのね。
 かつてドラマで(多彩な役がこなせる、素敵なナイスミドルー!)とひそかに憧れた大出俊さん、山本學さんも、しみじみと、老けたなあ…。

続きを読む >>
posted by: nancix | 演劇関連 | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
うっちゃられつつ「新・市村座」
市村さんの著書「僕のカラダは考える」 ま、またうっちゃり食らわされました…。
 実は以前から市村正親さんのワンマンショー「市村座」が見たくて、同じイッちゃんファンの親友のOちゃんが「新神戸オリエンタル劇場であるよ。見る?」とケータイメールくれてたときに「見るみる!」と返事してしまってたのです。
  「新・市村座」神戸公演の初日が、15日でした。(で、千秋楽が16日(^_^;))
  Oちゃんにチケットを郵送してもらい、職場放棄してでも駆けつけようと算段してたら…。
  仕事先の京都から新快速に乗り、やれやれとケータイ見たら、Oちゃんからメールが。
 「突然だけど今日の舞台行けなくなってしまいました。体調が絶不調です。でも心配しないでチャンと仕事してる(以下略)…」

 _| ̄|○

 昨夏の天神まつりの悪夢、再びです。
 しょうがないんだ、Oちゃんが持って生まれた虚弱体質はどうにもなんない。
 職場に戻ってみると仕事は何だかバタバタと増えて、アポの緊急変更もあって手配するのにうんざりだけど、今さらチケットをムダにするのも惜しいし。ギリギリに走って職場を出ましたよ。

 寂しくタコ飯おにぎりを三宮で買って、寂しく劇場へ走る。15分前に何とか到着して、ロビーでおにぎりをウーロン茶で胃に流し込む。いつもながら、わびしき観劇よの…。
 1階後方のS席の補助席なんですが。補助じゃない座席が2つずつ空いているのはどうしたことだろう。
 元オペラ座の怪人よ? ドラマ「砂の器」にも、映画「ホテルビーナス」にも出たいっちゃんなのよ? 補助席ってお尻と腰が痛いんだけど。中休みにちょっと隣の空席に腰掛けたら、早速「そこ私の席なんですけど」と開幕に遅れた女性がやってきた。
 しょうがないんだ、そういうトホホ体質のnancixだから、どうにもなんない。

 そりゃもう、いっちゃんの芸達者ぶりと言ったら。
 黒タキシード姿も貫禄ついてきたなあ。
 4人囃子ことカルテットの生演奏に乗せて、音楽講談「噫、無情(レ・ミゼラブル)」エポニーヌ編「だけど、一人」を一人でやっちゃうし。
 11歳のコゼットちゃんの歌も、胸に両手を当てて可愛く歌うし。
 「レ・ミゼラブル」かあ…最初に舞台で見たのは中国・天安門事件の後だったから、バリケードで撃たれて次々と倒れていく若者や学生たちの姿に、涙止まらなかったっすよ…。天安門のときは、徹夜でテレビにかじりついて、膝を抱えて映像を見つめるしかできなかったもんなあ…。
 特にnancix、弱いんですよ。"エポニーヌのテーマ曲"「On my Own」に。
 いつぞや、島田歌穂版が紅白歌合戦で絶唱されたときも、メソメソ泣いてしまったし。
 島田さんの「愛してる…愛してる…」の声のつややかさ切なさ、これはもう本田美奈子や他の人では出せないもの。
 いっちゃん版でさえ、泣いちゃいましたよ。
 もう勝手にnancix生涯のテーマ曲に認定しちゃう。リングに登場するとき、あるいは打席に入るまでに、流れるBGMはこれだ!(不戦敗決定…)
 「あたしなんかいなくたって あの人の世界は回り続ける あたしには決して味わえない幸福な世界
 愛してる 愛してる だけど 一人…」
 みたいな歌詞なの。たまらんです。むせび泣きしちゃうぞもう。
続きを読む >>
posted by: nancix | 演劇関連 | 01:13 | comments(6) | trackbacks(0) |
三上博史が”ヘドウィグ〜”を?
 いやもう、昨夜、大阪のシアター・ドラマシティに「GOOD」を見に行って、驚いちゃいましたよ。
 お芝居にじゃなくて(申し訳ないですが)、劇場前でGETしたチラシにです。
 白いショートボブのかつらをつけ、ピンクに染まった両手で胸を押さえた上半身裸の男は、誰かと思えば三上博史
 映画「草迷宮」「20世紀少年読本」の、寺山修司に影響を受けた最後の世代の三上博史です。
 nancixは結構このヒトが好きで、写真集も買ったし、CDも…買ったように思う。
 小泉今日子と共演し二重人格の謎めいた男を演じたキテレツドラマ「あなただけ見えない」まで、腹を抱えて爆笑しながら毎回見てました。
 …コメディじゃないんだけどね(^_^;)
 だって女装して「あけみ」という人格にまで成り切るんだもん、三上さんが。
 それがまた、小泉今日子よりもキレイだったりしたんだ。
 旧家の病弱な美少年を、大事に大事に守ろうとする下男…失礼、お守り役まで出て来たりして。日本の安っぽいドラマのくせに、気分だけゴシックロマン。
 三上さん、クランクイン前に「こんなサスペンスがTVが演れるなんて最高の幸せ。水を得た魚のようにイキイキしてます」と言ったんだから、まさかブラウン管の前で大笑いしてる奴がいるなんて、夢にも思わなかったでしょうね。すいません。

 とにかく三上博史という役者は、あなどれない。
 顔はキレイに整っているのに、嗜好が…。
 欲がなくて、年に1度は何カ月もの長期休暇を取って米国を放浪するんだとも聞いていた。
 えーと、今も独身ですよね。浮いた噂、ないですよね。…っていう噂も聞いた(それはどうでもいい)
 
 その噂に敢然と挑戦するかのようにロックミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」をやっちゃうっていうんですよ。
 nancixは映画版しか知らないけど。東ドイツの少年がロックシンガーになる夢をかなえるため、米国兵と手に手を取って故国脱出、性転換手術まで受けちゃう。
 ところが手術ミスで、股間に「アングリーインチ」が残ってしまい、米国で米兵とも別れ…。
 17歳の少年と恋をするんだけど、少年はヘドウィグの曲を盗んでロックスターに。怒り狂ったヘドウィグは自分のバンドを率いて少年の全米コンサートを追っかけ回すという、まあすさまじいお話。
続きを読む >>
posted by: nancix | 演劇関連 | 19:57 | comments(3) | trackbacks(0) |