Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Recommend
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋 (JUGEMレビュー »)

 堤真一の「地下鉄(メトロ)に乗って」もいいけど、やっぱりトニー・レオンの憎めないトホホ男ぶりはサイコーなのよね!
投信・証券


New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
御宿かわせみ・最新刊
佐助の牡丹 御宿かわせみ28
佐助の牡丹 御宿かわせみ28
平岩 弓枝
 nancixと老父は、競うようにこの「御宿かわせみ」シリーズを文庫で読んでますんですよ。今回の最新刊「佐助の牡丹」はnancixが通勤時間を利用して先に読破、3分の2しか読んでないという老眼の老父をリードいたしました!

 思えば家族4人が揃っていた頃に、お茶の間に寝っころがってNHKドラマで小野寺昭&真野響子(真野あずさの実姉)コンビの"東吾&るい"の世界を楽しんだものです。その後の「るいさん」は古手川祐子、沢口靖子、現在の高島礼子と代替わり。東吾さんも橋爪淳、村上弘明、中村橋之助と替わりました。

 でもやっぱり、るいさんはしっとり匂やかな真野響子さん、闊達で男前で凛々しいけど、弟タイプでやんちゃでちょっと危なっかしい東吾さんは「太陽にほえろ!」で"殿下"なんて呼ばれてた小野寺さんがベーシックイメージなんだよなあ。朝日放送版の沢口靖子も悪くなかったしオープニングがキレイだったけど、沢口靖子だと華やかすぎて…。

 ただ、同心で東吾の親友の畝源三郎は、あの当時の山口崇だと男前すぎ。岡本信人のイメージだったんだけど…。
 美男子の東吾の兄、通之進サマは田村高廣だと老けすぎ。草刈正雄じゃバタ臭いし…村上弘明の兄ならまだしも、醤油顔の橋之助とは似ても似つかない(涙)

 おしゃべりでお節介でそそっかしい、女中頭のお吉は藤田弓子さんがぴったりでした。今の鷲尾真知子さんも大健闘だけど…、もうちょっとふくよかな方がいいかなぁ。
 美男で屈託のない医者、天野宗太郎は橋爪淳さんがぴったりでした。今の鈴木一真って、何か違う〜。美男に見えないのはnancixの目が節穴だから?だけど(^_^;)

 何でこのシリーズを楽しみにしてるかというと、やっぱり日本語の美しさと折り目正しさ(宮部みゆきではちとセリフ回しが稚拙)、読み切り短篇の文章量がちょうどいいこと、江戸の四季や風習、しきたり、風俗が実に丹念にわかりやすく描かれていることかなぁ。
 もちろん現代に通じる部分もかなりあって、今回文庫に収録されている「あちゃという娘」の"あちゃ"は、かなりコギャルっぽく、鈴木杏ちゃんが演じても違和感なし。
 今までにも高齢者虐待、ロリコン…じゃない幼女に手を出す中年男、血に飢えたサイコパス、新興宗教や修験者のオカルト騒動、刹那的で無軌道な若者像…などなどが盛りこまれてきました。ミステリー仕立ての謎解きの楽しみの回もあれば、落語みたいなオチがつく喜劇もあるし、東吾さんが剣を振るっても取り返しがつかない、やり切れないような悲痛な話もあるし…(それはそれで余韻が残るのですわ)。
 
 文庫はまだ「佐助の牡丹」までですが、単行本はその後「初春弁才船」「鬼女の花摘み」「江戸の精霊流し」「十三歳の仲人」と、すでに4冊も出てます! うわー、東吾さんとるいさんの愛娘・千春ちゃんもすっかり大きくなっただろうなぁ…。麻太郎、千春、花世、源太郎の2代目たちの行く末も、軍艦操練所に勤める東吾さんの今後も心配です。何せ時代は幕末に突入寸前。やれ勤皇攘夷だ開国佐幕だのと、どんどんキナ臭くなっていくわけですから。ザンギリ頭でやっとうを捨てた東吾さん、割烹着のるいさんは、イマイチ見たくないかな…。

 そしてもう一つの心配が。
 平岩せんせー、やっぱり将来は源太郎&千春、麻太郎&花世の無難なカップリングにしましょうよぉ。今のところ、源太郎と花世ちゃんが仲よさそうですけど、ほら、るいさんと東吾さん以外の初恋は実らないってことで…。

 東吾さんの悩みの種、永遠にるいさんが知って苦しむことがないように、祈ってますからねー…。(かなり杞憂気味)
posted by: nancix | この本を読んだ | 01:00 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:00 | - | - |
 「御宿かわせみ」というよりは殿下につられて出てきてしまいました。そのドラマに小野寺昭さんが出てたのも知ってます。殿下が好きだったんですよ〜昔むかしね。殿下が出したシングルレコードなんかも持ってるんです。いつも三つ揃いのスーツ着てね。紺のトレンチコートがひじょうによかった・・・

 その後なぜか石原裕次郎に転び、若い頃の映画をみまくりました。石原裕次郎はある時期から腕時計を右手にはめるようになってまして、一説によると「右手にはめるのは好きな人に対する、裏切らないという気持ちの証」だそうで。私も真似して右手時計に直したものでした。
 だからトニーの右手の腕時計を見たとき、カリーナに対する気持ちの表現なのかなあ、と思ったりもしましたが、「地下鉄」では左腕にしているので関係ないのかな。
 毎度のことながら、まったく関係ない話題になってしまいました。逃げますっ!!
 
| 藍*ai | 2004/04/26 10:06 AM |









この記事のトラックバックURL
http://nancix.jugem.cc/trackback/116
トラックバック
2005/08/16 1:31 PM
鬼女の花摘み御宿かわせみ30-平岩弓枝- 江戸の風情、人情に重きがおかれた作品で、それが良くも悪くもマンネリ化してきたような気がしていたが、今作は、久々に夢中になって読みました! 「吉松殺し」「蓑虫の唄」の二作、けっこう長い作品で、謎解きが続き、犯人が最
かんこ堂