Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Recommend
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋 (JUGEMレビュー »)

 堤真一の「地下鉄(メトロ)に乗って」もいいけど、やっぱりトニー・レオンの憎めないトホホ男ぶりはサイコーなのよね!
投信・証券


New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
うっちゃられつつ「新・市村座」
市村さんの著書「僕のカラダは考える」 ま、またうっちゃり食らわされました…。
 実は以前から市村正親さんのワンマンショー「市村座」が見たくて、同じイッちゃんファンの親友のOちゃんが「新神戸オリエンタル劇場であるよ。見る?」とケータイメールくれてたときに「見るみる!」と返事してしまってたのです。
  「新・市村座」神戸公演の初日が、15日でした。(で、千秋楽が16日(^_^;))
  Oちゃんにチケットを郵送してもらい、職場放棄してでも駆けつけようと算段してたら…。
  仕事先の京都から新快速に乗り、やれやれとケータイ見たら、Oちゃんからメールが。
 「突然だけど今日の舞台行けなくなってしまいました。体調が絶不調です。でも心配しないでチャンと仕事してる(以下略)…」

 _| ̄|○

 昨夏の天神まつりの悪夢、再びです。
 しょうがないんだ、Oちゃんが持って生まれた虚弱体質はどうにもなんない。
 職場に戻ってみると仕事は何だかバタバタと増えて、アポの緊急変更もあって手配するのにうんざりだけど、今さらチケットをムダにするのも惜しいし。ギリギリに走って職場を出ましたよ。

 寂しくタコ飯おにぎりを三宮で買って、寂しく劇場へ走る。15分前に何とか到着して、ロビーでおにぎりをウーロン茶で胃に流し込む。いつもながら、わびしき観劇よの…。
 1階後方のS席の補助席なんですが。補助じゃない座席が2つずつ空いているのはどうしたことだろう。
 元オペラ座の怪人よ? ドラマ「砂の器」にも、映画「ホテルビーナス」にも出たいっちゃんなのよ? 補助席ってお尻と腰が痛いんだけど。中休みにちょっと隣の空席に腰掛けたら、早速「そこ私の席なんですけど」と開幕に遅れた女性がやってきた。
 しょうがないんだ、そういうトホホ体質のnancixだから、どうにもなんない。

 そりゃもう、いっちゃんの芸達者ぶりと言ったら。
 黒タキシード姿も貫禄ついてきたなあ。
 4人囃子ことカルテットの生演奏に乗せて、音楽講談「噫、無情(レ・ミゼラブル)」エポニーヌ編「だけど、一人」を一人でやっちゃうし。
 11歳のコゼットちゃんの歌も、胸に両手を当てて可愛く歌うし。
 「レ・ミゼラブル」かあ…最初に舞台で見たのは中国・天安門事件の後だったから、バリケードで撃たれて次々と倒れていく若者や学生たちの姿に、涙止まらなかったっすよ…。天安門のときは、徹夜でテレビにかじりついて、膝を抱えて映像を見つめるしかできなかったもんなあ…。
 特にnancix、弱いんですよ。"エポニーヌのテーマ曲"「On my Own」に。
 いつぞや、島田歌穂版が紅白歌合戦で絶唱されたときも、メソメソ泣いてしまったし。
 島田さんの「愛してる…愛してる…」の声のつややかさ切なさ、これはもう本田美奈子や他の人では出せないもの。
 いっちゃん版でさえ、泣いちゃいましたよ。
 もう勝手にnancix生涯のテーマ曲に認定しちゃう。リングに登場するとき、あるいは打席に入るまでに、流れるBGMはこれだ!(不戦敗決定…)
 「あたしなんかいなくたって あの人の世界は回り続ける あたしには決して味わえない幸福な世界
 愛してる 愛してる だけど 一人…」
 みたいな歌詞なの。たまらんです。むせび泣きしちゃうぞもう。
 休憩に白ワイン一気飲みして(おいっ、禁酒は?)、第2幕は「文七元結」。ぶんしちもとゆい、じゃなくてぶんしちもっとい、なのね。これも一人芝居。もういっちゃん忙しいったら。
 実は21歳のいっちゃんが、付き人を務めていた故・西村晃さんや三木のり平さんや3代目古今亭志ん朝さんの舞台にエキストラで出してもらい、舞台の袖から毎日、憧れのまなざしで見つめていたという因縁のお芝居。市村さんの本(でも明らかに聞き書きだよね)「僕のカラダは考える」に詳しく載ってます。何年も何年も付き人やってそのまま芸能界を離れてしまう人も多いのに、いっちゃんは初志貫徹しちゃったのです。すごいことです。

 物語は気持ちよく大団円で終わる人情ばなしでした。
 そして三波春夫になりきって、大見得も切りながらの「俵星玄蕃」。
 アンコール曲は、いつもなら「ラ・カージュ・オ・フォール」の「私は私(I AM WHAT I AM)」だったそうなんだけど、今回は「マスカラ(A LITTLE MORE MASCARA)」。ちょっと惜しかったかな。いっちゃんの「私は私」も聞きたかった。…レスリーを思い出しちゃうけど。
 そうそう、ラストに握手ターイム! もありました。
 白髪の最前列の女性、握手じゃなくていっちゃんの手にキッスしてたよ。その女性に頬にチューを返す粋ないっちゃん。でもその直後、今度は白髪のおじいちゃん見つけて頬にキッス。あうあう。ふんとに性別超えて見境ないんだからぁ(^_^;)。いや、サービス精神がね。
 観客にはずいぶん高齢の女性もスーツ姿の男性も多かったけど、手拍子もアンコールの拍手もちゃんとかかって盛り上がりましたです。「市屋!」の掛け声は出なかったけどね。
 こんなエンターティナー、もう香港には…いまステージツアー中で話題の復活!サミュエル・ホイ許冠傑だとちょっと違うしなあ。やはりアンディ・ラウ劉徳華でしょうか。

 あと何回、市村さんの舞台を見ることができるんだろう。
 一回いっかいが、一期一会です。
posted by: nancix | 演劇関連 | 01:13 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:13 | - | - |
いいなぁ・・・
nancixさん、芸術評論家になれちゃう?(^▽^)
私も市村さん好きです。
というか彼の生きてきた形が好きです。
お芝居もいいですよね。ちなみに見たことはないんですが。ニヒヒ!
なんか読んでいくうちにその場にいる気分になっちゃいました。
それにしてもnancixさんの文って目の前に情景が広がる文ですね。
おかげで口の中が白ワインの口にあわわ・・・
そしてやっぱり香港ではアンディ兄さんなのね。
トニさんがやっちゃったらどんな風になるんだろう???
照れて照れて?になっちゃうの?
(・e・)
ひよこまーく
| ドンチャ | 2004/06/16 3:00 PM |
 いっちゃんは「これだけの皆様のご支援を賜りこれだけの盛況になりますのも、これもひとえに、私のたゆまぬ精進の賜物」みたいなこと言って「またまたぁ、いっちゃんたらぁ」と笑いを取れますが、トニーさんがそんなことを言ったら猛攻撃受けて叩かれて二度と浮上できなくなります(^_^;)
 アンディさんがおどけて言ったら「またまたぁ」で笑いが取れるんじゃないかな?
 トニーさんってやっぱ「エンターティナー」じゃなくて、生涯1プロ俳優だと思うのですよ。自分を笑いものにして人を笑わせて、(受けた〜!)と無性に嬉しくなっちゃってもっともっととエスカレートするタイプじゃないもの。

 ちなみに、nancixは評論家なんてつまらないモノになる気は全然ないでーす。偉そうに大上段にふりかぶって批評してお金稼ぐなんて、何が楽しいんでしょう。他人が気づかない重箱の隅つつくのが偉いなんて、全然思いません。今の世の中「評論家」を尊敬している人なんてどのくらいいるんでしょう? コメンテーターとして情報源として便利使いされてるだけですよね。
 nancixがなりたいのは記録者であり、文章の芸人でございますですな。まだまだ未熟ですがな。
 
 
| nancix | 2004/06/16 3:37 PM |
>トニーさんってやっぱ「エンターティナー」じゃなくて、生涯1プロ俳優だと思うのですよ。自分を笑いものにして人を笑わせて、(受けた〜!)と無性に嬉しくなっちゃってもっともっととエスカレートするタイプじゃないもの。

トニさんファン歴まだ1年強ですが、激しく同意!です。
そこんとこ、日本のメディアとか・・・特にバラエティ番組企画者によーくご理解いただきたいものです・・・来日時。
まちがっても、かつての「ゲイのためなら・・・」みたいなお笑いバラエティの道具にされませんように・・・いや本人が承知なら別の話です(でもそういうのは私は見たくないです)
| レイ | 2004/06/16 8:45 PM |
nancixさん、レイさんのコメントに私も同感・・。
トニーの素の魅力は何かに一生懸命に取り組んでいる時、語ってる時に生じると思います。丁度、小さな子供が一生懸命洋服のボタンを留めている姿に大人がいとおしさを感じるようなものでしょうか。(決してトニーを馬鹿にしてる訳ではありません。(^^ゞ小さな子供は熱烈なラブシーンを演じることはできませんから。同一人物にそういったものが同居していることに心揺さぶられるのです。)
日本のテレビ局の方々にはその辺を是非ご理解いただきたいです。(^.^)
| ぐう | 2004/06/17 9:09 AM |
あっ「一生懸命」じゃなくて「一所懸命」だった・・恥・・
「悪ノリしなくても素のままで十分可愛いトニー・レオン」をよろしく。
| ぐう | 2004/06/17 12:24 PM |
私も “ON MY OWN”が好きです。島田歌穂バージョン好きです。
:::愛している 愛している でも 一人・・・っく。あたしもあそこで泣ける。
・・・・ずっとずっと レスリーのこと 考えているけれど・・・ 2046でのカンヌ映画
特番でテレビでトニーさんをみると あっという間に 時間がさかのぼってしまいます。
///

 また よりますので 楽しい日記にして下さいね。素直なナンシーさんのコメント慰められます。
| 久美 | 2004/06/21 5:53 PM |









この記事のトラックバックURL
http://nancix.jugem.cc/trackback/173
トラックバック