Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Recommend
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋 (JUGEMレビュー »)

 堤真一の「地下鉄(メトロ)に乗って」もいいけど、やっぱりトニー・レオンの憎めないトホホ男ぶりはサイコーなのよね!
投信・証券


New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
「君さえいれば」と現実
 サンディ・ラム林憶蓮とジョナサン・リー李宗盛が、ついに離婚を迎えることになったらしい。

 何? サンディ・ラムを知らない? 夜中に「銀座○○○くちゅーる・マキ」とかいう宝石店のCMで「どうしてよ」とか「だって…」を歌っていたのを知らないか? 通信カラオケにもしばらく彼女の曲があったよ? そうかあ、90年代も遠くになりにけりよね…。

 まあ日本での出稼ぎはともかく、二胡奏者の父と上海オペラ歌手の母の間に生まれ、往年の香港ラジオDJブームの頃に抜群の才気と等身大の語り口で人気を博し、歌手デビューした女性である。音楽的素養はバッチリ、なのにデビュー曲は松田聖子の「天使のウィンク」のカバー曲だったりする。
 いまいちアイドルになりきれなかった彼女に、アダルト・コンテンポラリーな曲とメイクも何もかも変えて洗練されたイメージを与え「都会に生きる現代女性の代弁者」として一躍ブレイクさせたのが、米国では「ウエストサイド物語」のステージも務めた海外帰国元ダンサーの音楽プロデューサー、クラレンス・ホイ許願だった。

 音楽プロデューサーと女性トップ歌手の恋と破局。音楽プロデューサーは、同じマンションの上下階に住む若い女と恋に落ち、電撃結婚する。

 そう、「君さえいれば〜金枝玉葉」のサムとローズとウィンのモデルは、実は三木のり平系統の顔のクラレンス・ホイとアップの髪型で一世を風靡したサンディ・ラムと、ロレッタ・リーだと言われている。ていうか、クラレンス・ホイが「僕がピーター・チャンに頼まれて、自分の逸話を提供した」と証言したんだから間違いない。ピーターさんはそれにジェンダーの混乱が笑いを呼ぶミュージカル「ビクター・ビクトリア」を混ぜ込んだんだけどね。

 対してジョナサン・リーは、ロックレコードの大立者。台湾フォークソングブームの頃から作曲者兼シンガーとして活躍し、シルヴィア・チャン張艾嘉らに楽曲を提供してきた大物ミュージシャンだ。彼もUFO電影人製作公司に曲を提供し続け「晩9朝5」「君さえいれば」で、当時まだ珍しかった映画サントラ盤を企画・製作した。そして台中香が手を結んだ大作「さらば、わが愛〜覇王別姫」で、ジョナサン・リーとサンディ・ラムはイメージソング「當愛已成往事」をデュエットするのだ。
 これが2人の出会いとなる。実はジョナサン・リーは香港人の美人DJと結婚し、2人の娘もいたのだが、不倫と呼ばれてもいったん燃え上がった恋は消せない。結婚当時は初々しい妻に捧げるラブソングなどを作ってアルバムに収録していたジョナサン・リーなのに、当時はすっかり結婚に幻滅したようなシニカルな曲を作っていた。サンディの存在が引き金になったかどうなのか、離婚。
 そして6年前、サンディ・ラムは晴れて花嫁となり、芸能活動を控えるようになった。リーの娘も一緒に生活を始め、幸せいっぱいに見えたのだが…。
 サムとウィン、じゃないクラレンス・ホイとロレッタ・リーは。
 音楽・映画業界の大不況で、陳小春が抜け風・火・海の残りの2人しかめぼしいスターが生み出せなかったホイのマネージメントプロダクションは大赤字。タレントへのギャラ未払いや使い込みも問題になり、とうとうロレッタと金銭トラブルが元で泥沼離婚、娘を抱えたロレッタは女優復帰したのだった。ホイさん、まだ細々とマネージメントを続けているのかねえ?
 ふーん、サンディの方が男を見る眼があったってことかなあ…と思っていたら、ここへ来てのサンディ&ジョナサン離婚。…ホントに、あれだけ「不倫」「略奪婚」と非難されてもへこたれずに愛を貫いたはずなのに。
 愛が冷めた理由は、お互いの胸のうちにしかありえないのだけど…果たして「永遠の愛」なんて、芸能界の男女の間に存在するのかしらん…。

 台湾ではどうだか知らないが、香港では離婚の前提として、半年以上の別居期間を設けることになっているようで。その間に財産分与や子どもの親権をきちんとしなさい、本当に別れていいのかお互い頭を冷やしてよく考えなさいということでしょうか。それだけ「離婚」で失うものが多いように、前もって操作されてるんでしょうか。
 トニー&カリーナが、何かと取り沙汰されても続いているのは、法律で縛られた結婚という形態を取っていないからなのかもしれない。もちろんお互いの忍耐や寛容も必要だろうけど。
 トニーは自分ひとりが忍耐して寛容であるかのようにブツクサ言ってるけど、いやいやどうして、カリーナもかなりトニーの気難しさ、優柔不断、気分の激変に手を焼いてきたと思うぞー。

 ま、映画の中だけでも、可愛いサムとウィンの恋に心和ませたいもんです。
 久しぶりに香港版DVDが見たいなぁ。
posted by: nancix | 香港映画 | 12:58 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 12:58 | - | - |
初めまして、こんにちは。

「サンディ・ラム林憶蓮とジョナサン・リー李宗盛が、ついに離婚を迎えることになったらしい。」

私は、てっきりずっと前に離婚していると思い込んでいました。
思い込みはコワイです。

またきます〜。

| りんご | 2004/12/07 4:52 AM |









この記事のトラックバックURL
http://nancix.jugem.cc/trackback/198
トラックバック