Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Recommend
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋 (JUGEMレビュー »)

 堤真一の「地下鉄(メトロ)に乗って」もいいけど、やっぱりトニー・レオンの憎めないトホホ男ぶりはサイコーなのよね!
投信・証券


New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
チャウ・シンチー、六本木アリーナに
 「功夫」が「カンフー・ハッスル」という邦題になってからは、もう日本での宣伝にあまり期待していないのですが。
 ポスターの「もうサッカーはやめた」「ありえねー」にも、何だか投げやり感がアリアリとにじみ出ているようで。
 この紹介文は、あんまりだと思う……。
 「<第17回東京国際映画祭>小川直也のハッスルにブーイング」
 「ブルース・リーおたくと言われているチャウ・シンチー」

 ……_| ̄|○

 わかってる。見れば必ず面白い。ニヤリとしてしまう小ネタがたぶんいっぱい。王家衛よりも楽しませてくれる。
 ただ、今回は米国のコロムビア社と合同製作なので、ミョーに洗練されてやしないかと、それだけが心配。
 元遊び仲間だったシンチーが米国の大映画会社とつながって中国ロケし、
 トニーはヨーロッパ攻略で新しいマーケットを開拓する。
 
 そう"香港映画"の浸透と拡散は、まだまだグローバルに展開するのである。
posted by: nancix | 香港映画 | 06:45 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 06:45 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://nancix.jugem.cc/trackback/222
トラックバック
2004/12/01 6:02 PM
 最近、気になって見たい映画ができた。この頃、日本だけじゃなく、アジア各国でもすごく宣伝されてる話題の香港映画「2046」 って?違います、アンデイ・ラウの「マッスルモンク」です。去年香港で公開されたとき、とても評判がよかったけど、日本でも見られるとは全
食いしん坊主婦日記