Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Recommend
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋 (JUGEMレビュー »)

 堤真一の「地下鉄(メトロ)に乗って」もいいけど、やっぱりトニー・レオンの憎めないトホホ男ぶりはサイコーなのよね!
投信・証券


New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
トマト寒天ー!
作ってみたトマト寒天と豆乳ヨーグルト
 いつも体型を心配してくれる長年の付き合いの同僚(スリム美人!)に「トマト寒天! トマト寒天がいいらしいで! 絶対食べなあかんよ!」と時折口をすっぱくして言われています。

 ……そういえば、広東語教室の近くのCo-opの2階に、寒天ワゴンが出現しています。
 粉寒天や棒寒天の在庫を、必死にかき集めて来たって感じです。
 売れているのかどうか知りませんが、とりあえず3週続けてワゴンがあるんだから、需要があるのでしょう。
 以前、寒天パウダースティックタイプを買ってみました。1スティックに4g入りです。

 Googleで「トマト寒天」を検索すると、幾つもレシピを発見しました。

 ふむふむ、生トマトよりも、トマトジュース(無塩)がいいらしい。
 塩入りトマトジュースだと、とんでもない味になるらしい。

 …………あまり美味しいってものではないらしい。

 子どもの頃、両親が農地を一部借りて、家庭菜園をやっていた時代がありまして。夏休み、日曜になると母親がジューサーでトマトをざくざく入れて、ハチミツや砂糖もドバドバ入れて、トマトジュースを作ってくれたなあ。
 弟以外は、市販の食塩入りトマトジュースを飲めない一家だったけど、あの母親特製トマトジュースは美味かった。少々青臭くても。

 だけど、トマト寒天は、甘味料無しで作るらしい。

ヘルシー!美味しい!簡単!トマト寒天ダイエット―お腹いっぱい食べて便秘・成人病にも効果バツグン こんな本もあるらしい。「ヘルシー!美味しい!簡単!トマト寒天ダイエット―お腹いっぱい食べて便秘・成人病にも効果バツグン

 ……これでもか、これでもかと言わんばかりの書名ですな。

 帰りに阪神百貨店に寄ったけど、トマトジュースらしきものが見あたらず。まあ、わざわざイカリスーパーで買うほどの高級品でなくてもいいでしょ。
 ダイエーで、カゴメの食塩無添加・トマト100%(濃縮トマト還元)ジュースってのを買ってみた。
 350g入りの他は、いきなり900g入りボトルしかないよう(泣)
 2回分は作れってことか…。

 a)トマトジュース450ml、水50ml、粉寒天4g
 で、トマトジュースと水を鍋で火にかけ、粉寒天を加えて約1分かきまぜ、火から下ろす
 と書いているレシピと、

 b)トマトジュース450ml、水200cc、粉寒天4g
 で、まず水を沸騰させ、粉寒天4gを入れて1分煮立たせ、火を止めてからトマトジュースを入れる
 と書いているレシピがある。

 どっちが正しい?
 粉寒天パウダーの袋に書かれた他のゼリーのレシピだと、水が200ccと多くてもちゃんと固まるみたいだ。とりあえずb)でいってみよう。トマトジュースはあまり加熱しない方がいいような気がする。
 ついでに、調理用の白いハチミツを大さじ1杯、加えてみよう。
 寒天を溶かすのも大して苦労せず、かなーり簡単に作れました。

 蓋付きタッパーに注ぎ込み、水に浮かべてあら熱を取り、冷蔵庫へ。

 朝になってみると、見事に固まってました。パチパチ(^^)//""""""

 で、1回につきどのくらい食べればいいんだろう?
 とりあえず、朝食前に3分の1程度を豆腐の要領で角切りにして、豆乳ヨーグルトと容器に盛った。

 …………確かに、美味しいってもんじゃない……。
 トマト味です、ええ。そうとしか言えない。
 辛くなったら、豆乳ヨーグルトのさっぱりした甘さで我慢するって感じ。

 続けられるかなあ?
posted by: nancix | 食べ飲む話。 | 11:07 | comments(3) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 11:07 | - | - |
今朝のTV情報番組で「健康ブームで寒天売り切れ続出!」とのことでした。知らなかった・・!いつの間にか寒天ブームだったのですね。天然の寒天は冬しかとれないので夏の間に品切れになるのでは、と。
子供のころひな祭りに透明・赤・緑の寒天を食べてました。キラキラして綺麗でした。大人になると寒天って普段食べる機会ないですね。(みつまめくらい?)
昔はおやつでも体にいいものがあったのですねー。今はスナック菓子・ケーキが主でしょうか。
| ぐう | 2005/07/02 10:01 AM |
連続投稿、失礼します。「豆腐百珍」(新潮社)に、「こおり豆腐」という料理があって作ったことがあったのを思い出しました。
材料は絹ごし豆腐と寒天。
1.寒天を煮溶かす。2.豆腐は好みの形に切るか崩す。3.流し箱に豆腐を入れ、寒天を静かに流し込む。さめたら冷蔵庫で冷やす。
調味料は黒蜜や三杯酢で。(黒蜜をかけると完全なデザートです。)

一見涼しげな和菓子にも見えますのでトマト寒天に飽きたらお試しください。
| ぐう | 2005/07/02 10:29 AM |
 ぐうさん、そうなんですよ。いつのまにか寒天ブームなんです。
 昔は「ゼリーだ!」と喜んで口に入れたら寒天で、かなーりガッカリした記憶もありますが…。寒天の扱いが面倒だからって、ゼライスとかが出てきたんじゃなかったですかねえ。
 今は生クリームたっぷりのコンビニおやつが何でも入手できますもんね。プリンだけではなくブラマンジェ、ゼリーではなくジェレ…。
「こおり豆腐」試しますね。(^^)
| nancix | 2005/07/04 5:38 PM |









この記事のトラックバックURL
http://nancix.jugem.cc/trackback/292
トラックバック
2005/07/02 9:56 AM
 女性なら、  みなさんそうだと思うけど、  私は常に「ダイエット」中です。  ダイエットしていない時期も、  気持ちだけはダイエッター。  この頃、   焼きそばだぁー    お好みだぁー     焼き肉だぁー(ビールだぁー)  と調子に乗って
usaru.日記