Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Recommend
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋 (JUGEMレビュー »)

 堤真一の「地下鉄(メトロ)に乗って」もいいけど、やっぱりトニー・レオンの憎めないトホホ男ぶりはサイコーなのよね!
投信・証券


New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
ウォーキングイベントでほろ酔い始末記
 7月にはトニー・レオン緊急来日のあおりで休みが取れず、断念したウォーキングイベント参加。
 猛暑の8月にはどこもイベントを設定してなくて、9月になってやっと参加できましたよ。
 今回も阪神間の各電鉄会社とスポーツ用品店がタイアップしたイベント。
 「KOBE8(エイト)マスターズウォーク」第3回「灘の酒蔵からアサヒビール西宮工場コース」です。

 ……ええ、呑んべぇ丸出しのイベントで。

 残暑厳しき折り、酒かっくらって激しく運動して心臓が保つのか?
 と一応危惧もしましたが(実際に救急車で運ばれたオジサン、約1名)。

 今朝は、老父は別の山登りイベントに参加。いつもの準備・食事に2時間かける朝食に加えて弁当作りにも台所を占領され、どうなることかと不安でしたが、幸いこちとらの集合時刻が2時間ほど遅かったのと、昨夜のうちに弁当の下ごしらえしておいたので、何とか間に合った。

 集合場所は阪神電車・魚崎駅。…と思ったら、六甲ライナーとの連絡通路をもっと先へ、もっと行けと誘導されて、到着したのは住吉川岸だった。
 いやもうすでに、もんのすごい参加人数でした。

 受付でさっと鉛筆で参加カードに記入し、ベージュの地味ぃなバッジをもらって、10時半前には、さあ出発。
 川原にはいろんな花が咲き乱れていて、しばし見とれましたよ。
スタート地点の住吉川岸で

 住吉川沿いを下流に向かい、「灘の酒蔵の道」を大阪方面に向かって辿る。

 ……まだ30分も歩いてないのに、皆さん寄り道です。

 そう、日本酒の試飲もさせてくれる「浜福鶴」の観光蔵「吟醸工房」へ。

浜福鶴の吟醸工房前で
 2階の展示に目もくれず、ウォーカーが行列するのは梅酒・ゆず酒・蔵出し生にごり酒の試飲コーナー。
 ほんの一口ですが、nancixも生にごり酒をいただきました。

 ……ふーっ、久しぶりのSAKEに、胃が焼けるぜーー。

 阪神大震災のとき、同社の旧酒蔵は、全壊したそうで。
 確か、神戸市内の酒蔵では、あの早朝にすでに仕事中で、建物や設備に押し潰されて亡くなった杜氏やスタッフが何人もおられたはず…廃業した酒蔵も一つや二つではなかったと聞く。
 よくぞここまで復興されたものです。

 吟醸酒ブーム前には、灘五郷といっても、テレビCMをしているような有名メーカーの三倍醸造カップ酒用の酒を作り桶買いしてもらう、下請けに甘んじていた酒蔵もあったのです。(漫画「夏子の酒」で知った)

 そういう道を選ばずに、浮き沈みがあってもあえて日本酒造りに頑張る酒蔵の皆さんに敬意を表して「空蔵ストラップ」(200円)とハローキティ・杜氏バージョンストラップを買った(^_^;)
 ……いや、来週には香港旅行に行くもので、現地でお世話になる方へのお土産にしようかと。
 さすがにウォーキング中に一升瓶は買えない、スマヌ。
 
 さて、酒造会社の敷地とマンション群が混在する酒蔵の道をたどって行くと、サンシャインワーフ神戸なる商業施設の前にさしかかった。
 よくある郊外のショッピングモールって感じで、何の変哲もない。回転寿司、讃岐うどん、飲食店もチェーン店ばっかり。
 たしか、以前は青木(おおぎと読む)フェリー乗り場だった場所に、作られたんだと記憶している。99年くらいにここのフェリー乗り場が無くなったんだっけな。四国行きなどのフェリーが発着していたんだと思うけど…。

 記憶の曖昧さに苛立ちながら歩いていたら、やがて右手に神戸大学大学院海事科学研究科・海事科学部の正門に出くわしビックリ。
 神戸大学といえば山の手の六甲台や楠にキャンパスがってイメージだったんですけど! といぶかしんでいたら、受付の時に配布されたマップ(コピー)に「旧商船大」と注意書きがあって、あーそうか、昔はそういえば神戸商船大ってのがあったなあ、神戸大と合併したのかと合点した。
 しかしここで海事科学を学んで、果たして就職先ってどんなところになるんだろうなあ…。やっぱり海上保安庁? 海運業? 商社? 灯台守?(それはないだろ)
 
 さて、国道43号線沿いの道をまた海側に曲がり、今度は阪神高速湾岸線沿いに歩くルートになる。
 ……ちょっとちょっと! 歩道が上り坂になって、マジに高速道路横を併走することになるんですけど!
 こんな歩道があるなんて、全然知らなかった。もうビックリ。
 神戸市と芦屋市の市境になる東灘芦屋大橋の上からは、快晴の六甲山の山並み、芦屋ニュータウンの高層団地群がくっきりはっきり見えた。
 以前の部署にいるとき、ここを知っていればなあ…○○の×周年記念のパノラマ写真を撮るのに、西宮浜であんなに苦労したのにぃぃぃ。

 大橋を下っていくと、南芦屋浜の、ウェイクボードのメッカにさしかかる。
 何だか中継ブースを設けてアナウンサーだかDJだかが実況している様子。海上では日焼けしすらりとした男性が、プロなのか華麗な技を展開していた。
 「インサイド・ジャーーーンプ!」なんてアナウンスが弾け、nancixは(トニー・レオンもこれぐらいできるのであろーか…?)とぼやっと見ながら歩き続けていた。

 そろそろ「陽光緑地」の芝生上などで弁当を広げるウォーカーらも見かけるのだが、まだnancixは空腹を感じない。
 ていうか、今回はシティウォークということで街歩き用SKECHERSスニーカーを履いて来ちゃったせいか、靴底が薄くてもろに衝撃が響き、足底がとっても痛いんですけど!
 以前のウォーキングで履いてたニューバランスのスニーカーだと、足指がマメだらけになっちゃったし、どうも靴には恵まれないなあ…登山用品店で靴を新調すべきなんだろうか。

 足の痛みを我慢して歩き続けると、芦屋浜にさしかかった。
 兵庫県立海洋体育館の周囲の海上には、今日もディンギーと呼ばれるヨットやカヌーが点在していた。
 楽しそうだなあ…ここもね……仕事で訪れたもんだわ…。芦屋ヨットクラブの皆さんはお元気であろうか。
 「芦屋の海が一望できるハーバービュー・マンションに住み、晴天の週末には健康的にマリンスポーツ三昧」なんて生活、よっぽどの玉の輿に乗らなきゃ一生無理なんだなぁ…とみじめな思いにかられつつ、仕事したことを思い出して、ちょっとしんみりした。

 芦屋市から西宮市に入る。香櫨園(こうろえん)浜から、夙川の河口にたどり着き、上流へ向かって夙川公園をたどる。
 あと20分待って弁当にする、いや地図に書いてある昼食ポイント「片鉾池」にたどり着けたら弁当にする…いやいや、そんなの待ってたら2時過ぎるかも、せめて国道2号線を越えたら昼食に…と思いながら歩いていると、だんだん歩道脇のベンチが無くなり、弁当を食べているウォーカーも見当たらなくなってきた。
 えっもしかして、この周辺は飲食禁止?と不安にかられる。
 持参した500ml入りペットボトルのVittel(今のCMモデルは玉木宏♪)が、そろそろ無くなりそう。たまらず自販機で150円のアクエリアスを購入。この際、120円か130円の方が…なんて言うとれんです。ナトリウム不足怖い!

 国道2号線の横断歩道を渡り、ついに観念。一人でもいい、ベンチに座って弁当食うだ!
 ……食べてると、次々に横断歩道を渡ったばかりのウォーカーが通りかかり、じろじろ見ていくんですけど…。
 そそくさと食べ終え、冷えたアクエリアスでしっかり水分補給し、ベンチ横のゴミ箱に使用済み液体含みティッシュだけ捨てて、歩き出した。(ゴミは基本的に持ち帰りませう)

 ……あれま。円形にベンチが並び、日除けの屋根のある休憩所が、すぐそこにあったのにぃ!
 ここで食べればよかった……_| ̄|○

 気を取り直し、阪急夙川駅前に向かう。
 ここも10年ぐらい、いやというほど仕事で歩き回った場所。名物もなかの店も、美容院も、まだ健在だー。
 今の部署に替わってからご無沙汰の、夙川近くのビストロのシェフ、お元気かなあ…随分とお世話になったのに、ここ1年くらい、財布の中身のせいで不義理してしまってる…。

 阪急高架の山側に出て、高架沿いの小さな商店が立ち並ぶ道を行く。
 何だかしゃれたレストランや軽食店が増えてるわ。
 一方では、シャッターが閉まって店が歯抜けになっているところもあるし…。

 国道171号線あたりで、またもや海側に向かって南下。
 西宮市役所近くまで南下し、国道2号線に沿って大阪方面へ。
 もう頭の中は、ゴールで飲めるはずの生ビールのことでいっぱい。
 午後3時までにたどりつかなきゃありつけないんだけど!と思いつつ腕時計を見ると、まだ2時前ですよ!

 阪急電鉄・今津線の「阪神国道」駅も、仕事で何度も乗り降りしたところ。
 時間に追われてばかりだったあの頃は、阪神西宮駅から徒歩で来るなんて、考えもしなかった。
 歩こうと思えば、歩けたのね…。
 駅前では、すでにゴールして帰宅の途についたウォーカーらとすれ違った。
 熟年の皆さん、足が速いなあ……いや、酒蔵に寄り道なんかしなかったからかしらん。

 そろそろ、アサヒビール西宮工場の敷地が、生垣が見えてきましたよ!

 生ビール、生ビール、アサヒの生ビール…多分スーパードライ…コクがあるのにキレがある……!

 ついに、ゴーーーーーーーール!

 工場の正門には、何やらイベントの看板が。えっ9月1日から「秋のビアフェスティバル プロースト!<乾杯>」なんて工場見学イベントをここでやってたのかー!
 完全予約制とはいえ、知っていたら呑んべのOちゃんでも誘って、二人でへべれけの休日を楽しんだのにぃ…。

 で、敷地内のゲストハウスってどこどこどこどこよー!

 ……すぐにわかった。
 何故なら、建物前に西宮市消防局の救急車が1台停まっていたから(-_-;)

 そしてnancixが扉前にたどりついたとたん、中から担架が運び出されて来た。
 担架の上には、毛布をかけられた熟年男性が。意識はあるらしく、首を上げて前を見ようとしていた。
 そんなに顔が赤くもないけど、靴と靴下を脱がされて裸足だったなあ。
 熱中症? ビール飲んでぶっ倒れた? それともエスカレーターor階段落ち?

 というのも、ゲストハウス内に入るや「ただいま試飲会場は大変混み合っております、小休止される方は映写室へどうぞー!」とアナウンスに誘導されるのも構わずゴールの2階に向かったら、エライ長いエスカレーターだったからなのだ。さっきのオジサン、こんなところを落ちたということも考えられるなあ。

 ゴール受付並びに試飲券引き換えコーナー前は、案の定たいそうな行列に。
 受付には「参加人数 2518人」とマジックで大書されていた。
 ひぃぃぃ、子供や下戸がソフトドリンクを飲むとしても、2000人は生ビールを選ぶでしょうよ!
 2000杯…いや試飲券を2枚もらえるようだから、4000杯…nancixの分はちゃんと残っているのだろーかぁぁ?!

 とりあえず、1人2枚の試飲券と「おつまみクラッカー」小袋1つをゲットして、工場見学路を一目散にぐるっと歩き、試飲会場へ。
 会場へは、また長い階段を下りましたよ。さっきのオジサン、こんなところを落ちたということも考えられるなあ。

 またまたすごい行列を辛抱して並ぶ。前のオジサンが人一倍汗臭くて、早く行列から逃れたい。
 6つのビールサーバーは、フル稼働。うち4つは1杯目の人、2つはおかわりの人にと、係員が行列から誘導する。
 本来ならこの会場内にテーブルと椅子があり、見学グループはそこで試飲するんだろうけど、今日は椅子をテーブル上に片付けて、芝生の野外を開放していた。なんせ2518人ですからねえ。
 甲子園球場のようなプラコップの生ビールは冷たくて適温だったが、なんとソフトドリンクの三ツ矢サイダーとバヤリースオレンジの缶は常温でしたよ! そこで(2杯目も絶対生ビール!)と心に誓う。

 芝生上の木陰はほとんど先客に占領されていたけど、熟年男性グループの横をかろうじて確保。
 ゲストハウスを背景に、まずはビールカップをケータイで撮影!
アサヒビール西宮工場にて

 おもむろに、飲む。

 いやー、13kmを歩き抜いた後のビールは、格別に、んまいっっっっ!

 適度に風も吹いてて、このまま芝生の上に寝転がりたいほど、キモチいい!

 ウォーカーたちの頭上には、トンボが群舞しておりました。

 2杯目も、あっというまに喉を通っていった。
 そういえば今日は、全然トイレに行ってないぞー。
 普段の仕事中には、トイレのときしか休憩できなくて、1時間半おきには席を立っているのに。
 全部汗になって出ていったんだろーか。Tシャツもガーゼ長袖シャツもびっしょりだもんなあ。新陳代謝がよくなって、夏バテのだるさと睡眠障害が、体内から追い出せるといいなあ。

 ホロ酔い気分で、いよいよ帰途に着く。
 阪神国道駅から阪急今津駅に出て、阪神電車に乗り換え、西宮駅で姫路行き特急に乗り換えて、元町駅まで。
 久々に南京町を歩き、豚角煮+高菜の台湾バーガーの店で「マシュマロ専門店って、どのあたり?」とおねーさんに聞くと、親切にマップを広げて説明し「青い旗が目印」とまで教えてくれた。
 昔は南京町って、居丈高な華人オバサンが多かったのにねー。
 マシュマロ専門店では、残念ながら「5日しか日持ちしない」とのことで、香港への土産にするのは断念。夜7時に閉店なので、仕事帰りに寄るのは到底間に合わないのです。

 元町商店街のジョルダーノで上下3000円のトレーニングウエアを着替え用に買い(カプリパンツなんで、裾上げしなくて済むんですよ! 一応DRY-TECHだけど、ユニクロよりさらに縫製・品質はよくないのでホームウェアにする予定)、自宅近所のスーパー銭湯に寄りましたよ。

 まっすぐ帰宅しても、老父が洗濯ついでに長風呂してるはずだったので。

 幸い、連休中とあってか入浴料がいつもの700円から600円になっていた。
 貸しバスタオルを借りても、総額700円で済んだーー。

 露天風呂はぬるかったけど、岩盤ミストサウナで体の芯から温まって、持参のアンダーウェア+値札を裏に押し込んだトレーニングウエアに着替えて、無事に帰宅ぅぅ。

 足底の痛みと腰周りの筋肉痛は、スーパー銭湯では抑え切れなかったけど、何とか連休明けには耐えられそうだ…。

 しかし、誤算だったのは、先に帰ったはずの老父が全然洗濯してなくて「明日洗濯する」宣言を食らわされたこと。
 ううう…老父の洗濯終了を待ってから洗濯するとなると、こちとらまた外出は不可能か…_| ̄|○
posted by: nancix | 日々のこと。 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:49 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://nancix.jugem.cc/trackback/390
トラックバック