Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Recommend
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋 (JUGEMレビュー »)

 堤真一の「地下鉄(メトロ)に乗って」もいいけど、やっぱりトニー・レオンの憎めないトホホ男ぶりはサイコーなのよね!
投信・証券


New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
マネックス証券で外貨MMF購入!
JUGEMテーマ:株・投資

 日興MRFに、とりあえず5万円を入金してある、マネックス証券の口座。
 いよいよ本日、最初の外貨MMFを購入することにしましたよ。
 積立中のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドにも外国債券が充分含まれているとはいえ、セゾン・バンガード〜はあくまで「老後の生活資金用」。中期投資として途中で現金化することは、よほどのことがない限り考えたくない。
 外貨MMF積立は、いわば実験としてやってみて、含み益がある程度出た時点で実験終了してキャッシュに戻してもいいなと。
 まあ、お遊びなんでしょうかね…?
 何でも、ものは試しです。当初予定の米ドル&ユーロだけでなく、豪州ドルも加え、3種を各1万円ずつ購入してみることにします。
 今朝、起き抜けにPCに向かい、初回=7月分の外貨MMFの注文を発注しました。当日の為替レートは見ていません。(ていうか、まだ表示されてなかったし)。

 注文日・約定日が2008/07/25。
 受渡日が2008/07/28で、 数量・単価は、
 日興MMF EUR 5,933口 168.57
 日興MMF AUD 9,689口 103.22
 日興MMF USD 9,300口 107.53
 となりました。

 さらに、「マネックス《セゾン》カード以外の《セゾン》カードの登録」も敢行。
 投信積立対象ファンド一覧のページで「新規申込」のボタンをクリック、そごうミレニアム《セゾン》カードの代金引落し口座から月3万円ずつ、日興MRFを買い付ける設定をしました。この「カードde自動つみたて」だと、原則的に毎月4日に銀行口座から引き落とされ、毎月19日の買付日となります。セゾン投信の積立、2万円と同時になっちゃうのね…。

 8月半ばにはまだ、手動で2回目のMMF買い付けを行いますが、その後はさらに「マネックスの証券口座からの積立(自動つみたて)」も組み合わせて、22日か23日には、日興MRFから日興MMF3種を買い付ける設定にしようと思ってマス。
 「自動つみたて」だと、買付日を自分で設定できるのよね。でも買付日が日曜祝日など非営業日の場合も考慮しなきゃいけないし、「申込みしている買付日の前営業日の翌日午前3時の買付可能額の範囲内」の額のMRFでないと買付が行われないことも、覚えておかなきゃ。

 こういう設定を終えてから、マイページの「最新情報」に、待望の「米国上場ETF・株式の取扱い開始時期について」というニュースがUPされているのに気づいたのでした。
 米国上場ETF・株式の取扱い開始時期について

 米国上場ETF・株式の取扱い開始時期につきましては、6月30日付けの最新情報にて、7月半ば以降とお知らせいたしましたが、サービスリリースに向けた最終確認作業に遅れが生じております。
 お客さまからたくさんのご要望をいただきながら、お待たせをすることとなり、大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。

 なお、サービスの開始日、ならびに概要につきましては、確定次第、あらためてご案内させていただきます。お客さまに、一刻も早く、また安心してお取引いただけるよう、鋭意準備を進めております。今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。
 …………何ですとーーーーー!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
 バンガードETFは? バンガードでなくてもグローバルETFは?
 ていうか、6月末の時点ではまだ「7月半ば以降」という玉虫色の答弁?が加えられていたのに、今回のニュースリリースには、いつごろという日程の見通しすら明記されていない!
 どひーーーーーー。(白目)

 証券界では、こんなみっともないあやふやリリースを出すのは常識、広報担当者にとって恥ずかしいことではないのでしょうか??
 よっぽど取り扱い開始について、難儀が生じて、どうすることもできずに各月末までずるずる来てるんでしょうか?
 相手方の最終的返答が何だかんだで引き伸ばされてるとか、相手方の担当者がころっと変わってまた1から交渉やり直しだとか、日本の東証における既出ETFの売買状況データを見て相手方が「やっぱ日本に売り出しても、メリットないんじゃないか?」と言い出したとか…?

 まあ、あれこれ妄想しても始まらないので、待つしかないんだけどね…。

 とかいろいろ考えていたら、危うく遅刻するところだったのでした。
posted by: nancix | 外貨MMF | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:55 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://nancix.jugem.cc/trackback/443
トラックバック