Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Recommend
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋 (JUGEMレビュー »)

 堤真一の「地下鉄(メトロ)に乗って」もいいけど、やっぱりトニー・レオンの憎めないトホホ男ぶりはサイコーなのよね!
投信・証券


New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
三上博史が”ヘドウィグ〜”を?
 いやもう、昨夜、大阪のシアター・ドラマシティに「GOOD」を見に行って、驚いちゃいましたよ。
 お芝居にじゃなくて(申し訳ないですが)、劇場前でGETしたチラシにです。
 白いショートボブのかつらをつけ、ピンクに染まった両手で胸を押さえた上半身裸の男は、誰かと思えば三上博史
 映画「草迷宮」「20世紀少年読本」の、寺山修司に影響を受けた最後の世代の三上博史です。
 nancixは結構このヒトが好きで、写真集も買ったし、CDも…買ったように思う。
 小泉今日子と共演し二重人格の謎めいた男を演じたキテレツドラマ「あなただけ見えない」まで、腹を抱えて爆笑しながら毎回見てました。
 …コメディじゃないんだけどね(^_^;)
 だって女装して「あけみ」という人格にまで成り切るんだもん、三上さんが。
 それがまた、小泉今日子よりもキレイだったりしたんだ。
 旧家の病弱な美少年を、大事に大事に守ろうとする下男…失礼、お守り役まで出て来たりして。日本の安っぽいドラマのくせに、気分だけゴシックロマン。
 三上さん、クランクイン前に「こんなサスペンスがTVが演れるなんて最高の幸せ。水を得た魚のようにイキイキしてます」と言ったんだから、まさかブラウン管の前で大笑いしてる奴がいるなんて、夢にも思わなかったでしょうね。すいません。

 とにかく三上博史という役者は、あなどれない。
 顔はキレイに整っているのに、嗜好が…。
 欲がなくて、年に1度は何カ月もの長期休暇を取って米国を放浪するんだとも聞いていた。
 えーと、今も独身ですよね。浮いた噂、ないですよね。…っていう噂も聞いた(それはどうでもいい)
 
 その噂に敢然と挑戦するかのようにロックミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」をやっちゃうっていうんですよ。
 nancixは映画版しか知らないけど。東ドイツの少年がロックシンガーになる夢をかなえるため、米国兵と手に手を取って故国脱出、性転換手術まで受けちゃう。
 ところが手術ミスで、股間に「アングリーインチ」が残ってしまい、米国で米兵とも別れ…。
 17歳の少年と恋をするんだけど、少年はヘドウィグの曲を盗んでロックスターに。怒り狂ったヘドウィグは自分のバンドを率いて少年の全米コンサートを追っかけ回すという、まあすさまじいお話。
 日本版は翻訳・演出が青井陽治さんで、このお方も……っていう噂がある方。
 2人の鋭く研ぎ澄まされた感性が、この作品にぴったりかもしれない。

 しかし…三上さんですかぁ。
 やっちゃいますかぁ。
 一時は月9のトレンディードラマの主役を張っていた男が…。
 草迷宮で、浴衣に学生帽かぶって縛り付けられ、魑魅魍魎がうろつく世界をつぶらな瞳で眺めていた、寺山修司のすさまじいマザコンを体現させられていた、いたいけな少年が…。
 いや、何だかしみじみすごいなぁ。お芝居の世界って。
 トニー・レオンも役者バ…だけど、三上さんに比べたら"愛らしいお子ちゃま"、ってなもんです。(そこがまた可愛いんだけどさ)

 映画「ブエノスアイレス」にハマって抜け出られなくなってる方々にも、観劇をお薦めしたいものです。
 
posted by: nancix | 演劇関連 | 19:57 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:57 | - | - |
こんにちは。サイトの方いつも拝見しています。
『終極無間』で検索かけていたらこちらへ辿りついて小躍り中です。“某所”とはこちらの事だったんですね。
うっすら覚えていますよ、あけみ。モッ君とキョンキョンが違う意味で真剣に怖がっていたような…。私も大爆笑してました。三上さんが出演される舞台、怖いもの見たさで興味そそられますね。
ところで『GOOD』はいかがでしたか?出演者が豪華で気なっていたのですが、nancixさんには三上さんのチラシの方がインパクト大きかったようで…。
| ミサ | 2004/02/20 9:58 PM |
 ミサさん、どうもどうもです。日記読ませていただいてます。(上様って…陸一心だよねえ?)
 「GOOD」はですね……チラシやポスターでは男たちのドタバタコメディーのようでしたが、実は……でした…。
 自己欺瞞と自己正当化の醜さについて、深く考えさせられました。身につまされるぞ〜。
 私はトニーが演じるような、一生懸命生きていてそれなり正義感はあるけど不器用な「トホホ男」は好きなんだけど、真のだめんずは受け付けないんだわー、平手打ち100回!と息巻いてしまうのだわーと改めて思い知りました。
 宇梶剛士さんのナチスドイツ制服姿はカッコよかったけどね。(西村さんまで着なくていいのに……)

 あ、翌日、宇梶さんてば宝くじ売り場前の路上で立ちどまり、ごそごそデイバッグを探っておられたのでした(^_^;) 思わず声かけて「お芝居見せていただき楽しみました!」と言っちゃったけど、プライベートタイムに悪いことしたかな…。
 
| nancix | 2004/02/22 2:16 AM |
nancixさん、レスありがとうございます。
う…宇梶さん、道端で立ち止まっていてはさぞ目立ったことでしょうね。面白エピソードありがとうございます。
私もてっきり抱腹絶倒コメディかと思ってました『GOOD』。CMに騙されて(?)観に行ってたら、痛い目にあってたかも…。

ところで、陸一心をご存知なんですねー!←興奮。彼が演じた忠臣蔵・浅野内匠頭の麗しい殿姿に転がって以来、彼を上様と呼んでいます。恐らく私だけです、その呼び名を使っているのは(汗)。

追記。私の職場のPCもヤンです!日本版の方ですが、あのウルウルお目目に心癒されてます。
| ミサ | 2004/02/23 8:10 PM |









この記事のトラックバックURL
http://nancix.jugem.cc/trackback/47
トラックバック