Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Recommend
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋
サウンド・オブ・カラー 地下鉄の恋 (JUGEMレビュー »)

 堤真一の「地下鉄(メトロ)に乗って」もいいけど、やっぱりトニー・レオンの憎めないトホホ男ぶりはサイコーなのよね!
投信・証券


New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
Sponsored links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
新生銀行に行ってみたら、システムダウン…?
JUGEMテーマ:株・投資

 初出勤の日を前に、今年初めての外出です。

 年始は老父と、徒歩20分程度の地元の「氏神さん」?に初詣しただけで、近所の生協ストアかコンビニしか行ってません。
 午後イチで神戸・元町の新生銀行フィナンシャルセンターに行くつもりが、老父に朝食、洗濯と全て先手を取られてしまったので、家を出るのが遅くなってしまった。

 スタバと併設の新生銀行フィナンシャルセンターに到着したのが、午後2時過ぎ。
 あれれ、何だかいっぱい人がいるぞ。スタバの客でも無さそう。例の「冬の特別円定期」狙いの皆さんかなぁ。
 受付のおねーさんに総合口座「PowerFlex」を開きたいという旨を告げ、「年頭でして、混み合っておりますので、30分ほどお待ちいただくかもしれません」と言われたが、構わず番号札を発券してもらって一人掛けソファに座って待つ。
 受付上の液晶モニターには、クイックステーション、パーソナルバンカー(だっけ?)、プラチナルームの3種類の窓口が英文表記され、いま受け付けている番号が表示されている。nancixはクイックステーションとかいう窓口。あと3人程度かぁ。

 まもなく、男性係員に、申込書と外貨建預金の説明書(契約締結前交付書面)、ボールペンがセットになったファイルを渡された。待っている間に書き込めばいいらしい。銀行で外貨預金をするつもりはないのだけど、PowerFlexでは円普通預金と一体になっている様子。
 申込書はすらすら書けたけど、裏を返すと自分の手取り年収、世帯全体の年収、資産額、投資に充てるつもりの金額まで書かされるので困った。世帯全体の年収…老父の年金は年収に含まれるんだよね…? 老父が某団体で、幾ら月給もらってるかなんて知らないよーーーん。

 あと、「32色のキャッシュカード」の、色番号を書けという欄にも困惑。サイトでどんな色があるか見てきて、財布と他のカードとは区別がつきやすいように、シルバーとブルー、モスグリーン以外にしようと考えてきたけど、色番号って!
 受付の係員に「キャッシュカードの色番号がわかる資料が何かありますか?」と聞くと、ハッとしたようにカード見本のアルバムをくれた。やれやれ。これの簡略リストを受付カウンターにでも掲示してくれればいいのに。
 迷ったあげく、あまりくすんでいない赤系「011 ファースト ルージュ」にした。

 さらに待つ。自分より1つ前の番号の母娘が2階に案内されたので、もうすぐだ、もうすぐだと待つ。
 ……とうとう、液晶画面に自分の番号が出た。いやいや、あせらず案内係が来るまで待とうっと。
 ……あれ? 何だか受付に人が増えた。電話がかかってきて、受付の女性が電話に出た。男性係員2人も何やら話し合い始めた。
 受付に新たにやって来た口座開設希望者を「ただいまシステムがダウンしまして、復旧のめどがまだ立っておりません」なんて女性が言って、お引き取り願ったぞ。
 番号札を持って受付に来た中年夫婦にも、同じようなことを言ってるぞ。

 システムダウンて!

 キャッシュカード色見本ファイルを出してくれた男性係員が目の前に現れ「実はシステムがダウンしている、昼前にも一度ダウンしたが、その時は何とか復旧した。しかし今回は復旧がいつになるか、わからない。このままお待ちいただけますか? それとも、後日郵送ということにいたしましょうか?」と疲労度90%の表情で聞いてきた。

 えーー…まあ、別に3時までしか口座開設を受け付けないなんてことはない、ですよね?
 別に急ぎではないから、ヘアサロンの予約のある4時前までなら、このまま待ちますよ…? このソファで待っててもいいんですよね?
続きを読む >>
posted by: nancix | 日々のこと。 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
生命保険の見直し希望とクレカの支払い先変更
 朝起きたら、喉が痛かった。
 絶対ぜったい、職場の、真正面の席で咳しまくってた同僚のせいだ。
 「マスクしてよ」とみんなで説得したのに、「面倒だ」としない40男。
 思い切りウイルスを飛ばされたな…。

 生理でもあるし、外出はやめて、家でいろいろ雑用を片付け。
 午前中、老父が思い出したように「そういえば生命保険のおばちゃんが来るで。いつなら在宅ですか?と聞かれたんで、日曜昼過ぎって言っておいた」と言い出した。
 何だか、記念品を持ってくるというのだけど。
 珍しいなあ、職場に出入りしていた人じゃなくて、自宅に来るとは。

 生命保険については、あんまりいい思い出がない。
 最初に入ったのは、3年ごとにボーナスが15万か20万支払われるというタイプのもので、そのお金で香港に行けるーー!と勢いで入った。
 ところが数年後、その保険が廃止になるとかで、別の保険への転換を勧められた。いわゆる定期特約付き終身保険ってヤツだ。
 保険料が上がらないことを条件に依頼したのだが、保険料はしっかり月1万5千円に上がったし、3年ごとのボーナスも無くなって、大いにガッカリ。
 もっともその数年後、「AERA」で、その"3年ごとボーナス保険"は結局、満期になった時の支払い額が減る、損をする保険だったと解って、これもショックだった。

 ……って、いまのその保険会社のサイトを見てみたら、ちょっと名前変わってるけど、その3年ごとボーナス付き保険、まだあるじゃないか!

 くそー、やっぱり生保のおばちゃんの営業トークに騙された…_| ̄|○

 その後、久々に顔を見せた担当者は新人で、保険の見直しを勧められ「じゃあ死亡時の金額はもっと少なくていいし、特約もこんなに要らない、だから月々の保険料が1万円以内に収まるように見直して」と頼んだ。
 ところが、数日後に彼女が持ってきたカラー印刷のプランは、特約がさらに増えてて、月々の保険料もアップするもの。
 こっちの言い分が理解できないのか? と呆れて断り、もう見直しを断念、放置している。

 50歳になったら保険料が2倍に増えるので、それまでには終身保険だけのシンプルなものに、転換だか何だかしたいんだけどなあ。どうせいま付いてる特約は途中で保障が切れて、もっとも医者通いしそうな60〜80歳の時には無保障になってしまうのだし。
 医療だけなら、Co-op共済などで充分な気がする…。

 今回の生保レディーが、ちょうど昼食を作りかけた時に持ってきた記念品とは、でっかい保険証書ファイル。引き出しに入らないぞ。
 ……要りません、と丁重に辞退したら「そういう人もいますよね」とあっさりひっこめた。
 今、各社がテレビCMで盛んにPRしている、「契約者との面談で保険内容を説明する」という営業活動だったらしい。
 昼食と後片付けが済む30分後に来てほしいとお願いしたら、今度は年長の先輩との二人連れでやって来た。
 ……玄関に用意した座布団、1枚しか敷けないんですけど…。
 結局、その先輩さんがノートパソコンを操って一方的にしゃべる。
 やっぱり今回、用意してくれたプランも「主な定期特約を終身に延ばし、月々の保険料を数10円上げる」というもの。
 ……だからさぁ、人の話をちゃんと聞けないの?
 特約を削って月々の保険料を減らしたい、死亡時保険金額は1300万円も要らない、300万円ぐらいにぐっと減らしたい、それが果たしてできるかどうか知りたいってリクエストしたんだけど?

 先輩さんに丁重に説明したら「解りました、では持ち帰って計算してみますので」と、またもや先送りに。
 今回は指定代理請求人の権限を広げる(広げる、広げるとしか言わないんだけど、多分特則の付加によって、権限を広げるという意味なんだろう)ために、老父の名前を書類に書いて捺印するという作業も必要だったようで。
 これって、いつも思うけど、同性愛者のパートナーとか、血の繋がらない同居人は、指定代理請求人になれないんだろうなあ…。親族と絶縁状態で、意気投合して同居している他人の方が親身になって世話してくれたり、介護してくれたとしても、生命保険会社には何の権利も認めてもらえないってことよね…?

 生命保険証書も指定代理請求人手続きのためにと持ち帰られたけど、勝手に転換とかしないでよ…? 何だか不安だ。
 あと、キャンペーンへの応募用紙にも名前書かされたけど、多分こんなの、個人情報や本人確認のためなだけ。某人気マスコットのマグネットカレンダーをくれたけど、日付の文字が小さくて全然読めませーん。

 帰り際に、新人とおぼしい年下の方が「保険会社ならではのお得な年金もありますから、ぜひまた説明させてください」とか言ってた。「保険扱いになって、税金もお得になりますから」とか何とか。
 投資型年金ですか? 個人確定拠出年金ですか? まさか、問題多々ありの変額年金?

 ……アヤシイ。せっかく保険料を減らしてもらっても、また他の名目でふんだくる気か。大いに理論武装して対決しなくては。

 で、お二人が帰られてから気づいたけど、現行の保険の内容について、口頭ではまともに説明を受けてないよーな。
 保険請求をする時には、どこの誰に電話して、何を用意して請求すればいいの?
 こんな保険内容の説明活動だったら、書面かメールで解説を送ってもらった方がマシだわ。「言った、いわない」ともめるだけだし。

 ……やっぱり終身保険は終身保険、医療保険は医療保険で、単体で、できればネットで契約する方が、面倒なかったわーー。
 今さらぼやいても、保険に入る時は(これでワタシも立派な社会人! 正社員!)とウキウキしてたんだもんねえ。
続きを読む >>
posted by: nancix | 日々のこと。 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
いまだに「年収」がよくわかってない。
JUGEMテーマ:日記・一般

 年末ですねえ。
 職場で年末進行に追われているさなか、風邪引きでマスク着用の上司が、給与所得の源泉徴収票を配ってくれた。
 うーみゅ。勤続○年だというのに、未だにこれの見方がよく解らない。
 ネットモニタサイトで、よく「年収」を選ぶ項目があるけど、その場合は「支払金額」にあたる数字を書くべきなのか? 「給与所得控除後の金額」を書くべきなのか?
 電車を3社乗り継いで、交通費を会社に払わせて通勤している身なのだが、通勤手当はこの「支払金額」に含まれているのか? だとしたら「手取り」は大幅にダウンするのだが。

 ネットで調べてみた。
 「YAHOO!ジャパン 知恵袋」のこのページによると、年収(収入)=支払い金額。

 ……そうかぁ。勤続○年でも、まだ○○○万円には届かないのかぁ。
 まあ、管理職にはなってないしなあ。ヒラだもんなあ。
 1千万円を超す年収なんて、どうやったら得られるんだろう…夢のまた夢だわさ。

 んでもって、「手取り年収」という時は、「自分の「手取り年収額」答えられる? - コラム: MSN マネー」によると、「給与所得控除後の金額」から、「社会保険料等の金額」さらに「地方税(住民税)」を差し引いた金額になるらしい。
 ……うわ……少なくなるな…。
 他にもいろいろ見てみて、通勤手当分は、「支払金額」に含まれていないことは解った。

 そして、「手取り年収」から「理想的な年間貯蓄額」を計算すると……。

 うーーーみゅ。
 17%〜20%は貯蓄しないとダメなのね。

 とすると、貯蓄するべき金額は○万円か……。

 今まではその○万円×4、5ヶ月分で、香港に飛んでたわけだけど…。
 そろそろ、考えないといけないなあ……。
posted by: nancix | 日々のこと。 | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
お金は銀行に預けるな? ではどうしろと??
JUGEMテーマ:株・投資

 今夜は会社帰りに広東語教室に行くのに少し時間があったんで、書店で何となく平置きの本を眺めてみた。
お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
 ふーーーん。「お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践」なんて新書が目に付いた。
 銀行に預けないで、どこに預けてどうしろと?

 著者、勝間和代の他の本も一緒に並べてある。「無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法」「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」かあ。
 一日30分勉強しなさい、なんて本も、こないだ立ち読みしたけど実現できてない自分に、年収10倍のためのたゆまぬ努力は、無理だわなあ…。

 でも、確かにこの低金利時代、銀行普通口座に普段使い+カード引き落とし予定額、郵便局のゆうちょに香港行き資金をわずかずつキープしてるだけじゃ、「自分のお金が自分以外のところで稼いでくれる」わけにはいかないや。
 というわけで、ざざっと拾い読み。

 要するに「毎月、積立型の投資信託を始めること。手数料の安いインデックス型で、日本株/日本債券/海外株式/海外債券に分散投資しなさい」ということみたいで。
 個別に株を買うのとは少し異なり、投資信託なら毎月4万円を積み立てて長期運用する、なんてこともできるらしい。

 投資信託、ねえ……。
続きを読む >>
posted by: nancix | 日々のこと。 | 23:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
大き過ぎるよ!岡山のブドウ
200709242043000.jpg

 昨日の午後、突然我が家を訪れた弟の岡山土産。
 ででででか〜〜〜い!
 手前は比較対照のために置いたタバコです。
 全くの種無し。ジューシーで甘くて美味だったけど、とにかく大きくて、二人では一房全部は食べきれなかった。
 多分今夜、老父が残りを完食したと思う。

 何ていう種類のブドウかなあ。弟はお茶も断ってそそくさと帰ったんで、聞く余裕も無かったよ。どうもアイツはnancixを一種のビョーキの人と、気味悪くしか思ってないみたいな…被害妄想か? そりゃ「片付けられない症候群」で、迷惑かけてるとは思うけど。

 ネットでこの特大ブドウをちょっと調べたら「桃太郎ブドウ」という、マスカットの新種みたいですね。
 皮ごとはさすがに食べられなかったけど。

 ありがたくいただきましたよってことで。 
 
 
posted by: nancix | 日々のこと。 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |